整形外科とは

 

整形外科は頭部、内臓、生殖器以外の骨、関節、筋肉、神経など体の運動器と呼ばれる部分を対象とします。つまり、首、腰、肩、肘、手、指、爪、股、膝、足などの痛み、怪我(捻挫、骨折、スポーツ外傷、切り傷、擦り傷など)、しびれ、麻痺、骨粗鬆症、リウマチ、先天的な病気(斜頸、側弯症、先天性股関節脱臼など)、骨・筋肉の腫瘍などを診断、治療いたします。
接骨院でみてもらおうと思われる病気はすべて整形外科で診断治療できます(接骨院の接骨師は医師でないためレントゲンなどの検査はもちろん病気の診断も出来ません)。

具体的には以下のような方法で診断、治療を行います。
○診断:症状の経過、既往歴をお聞きし、身体所見、症状の部位、靱帯のゆるみ、関節の腫れ、水がたまっていないか、麻痺がないかなどさまざまな徒手的検査、レントゲンをはじめとする画像検査、骨粗鬆症検査、血液検査などを行います。また、心筋梗塞など他の科の病気も念頭に置いて鑑別します。
○治療:傷の縫合・処置、骨折・脱臼の整復、ギプス固定、テーピング、投薬、注射、リハビリ(牽引、温熱、関節可動域増大、筋力強化など)、手術(骨折、関節靱帯損傷、神経の障害、腱の断裂、巻き爪、人工関節(股、膝など)、腱鞘炎、首、腰など)などを行います。
このようにたくさんある方法の中から最適な検査で診断し最適な治療法を行います。

整形外科の扱う範囲は非常に大きいため整形外科医の中でも専門が分かれています(脊椎外科、関節外科、手の外科など)。そのため、その病気、怪我の治療に最適な専門医をお互いに紹介し合うことも大切と考えています。

送料無料送料無料送料無料送料無料送料無料送料無料送料無料